twitter

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米アップル(Apple)は、「iTunes」を通じて同社の携帯端末向けに提供され、物議を醸していた「同性愛を治す」アプリについて、22日夜に削除したことを明らかにした。

このアプリを提供したエクソダス・インターナショナル(Exodus International)は23日、アプリの削除を確認したと発表し、「公共の場での機会均等を否定するアップルの決断には大いに失望している」とする声明を出した。
スポンサーサイト
タイ北部プレー県ワンチン郡で13日、少女(12)を強姦したタイ人男性(60)が警察に連行された。

少女は妊娠7ヶ月だった。 タイ地元紙によると、少女の父親は既に死亡、母親はバンコクに出稼ぎに行っているため、祖父に預けられていた。犯人の男性は祖父の友人でだったが、祖父宅に尋ねた際少女一人だったため、つい強姦してしまったという。

その後男性は、少女に強姦のことを誰にも話すなと脅迫して去っていったという。まさか一回強姦しただけで、妊娠するとは思わなかったと供述している。

少女はこれまで月経が来た事がなかったため、少女のお腹が出てきたことで周りの人が妊娠していることに気づき、強姦されたことがわかったという。
3月19日に発売される「TECH GIAN (テックジャイアン) 5月号」で、「魔乳秘剣帖」のTVアニメ化決定が発表されている。

「魔乳秘剣帖」は、「乳こそがこの世の理」「豊乳は富であり絶対」「貧乳は人に非ず」という理不尽な世界を描いた、山田秀樹さんによる時代劇漫画。

昨年10月に「ドラマCD 魔乳秘剣帖」が発売されているが、ドラマCD版からキャストが一新。

魔乳が作り出した理不尽な世に立ち向かう魔乳千房役を寿美菜子さんが演じるほか、魔乳影房役を水原薫さん、狭山桜花役を能登麻美子さん、楓役を豊崎愛生さんが務める。

ちなみに、ドラマCD版では魔乳千房役を喜多村英梨さんが演じていた。

昨年7月、北朝鮮女性の写真がネットユーザーネらの目を引きつけた。アンコール・ワットで有名なカンボジア・シエムリアプにある平壌(ピョンヤン)冷めん店の女性従業員だった。タレントのキム・テヒにそっくり似た容貌だった。ネットユーザーらは、「真の自然美人」「北朝鮮のキム・テヒ」というニックネームを付けた。

この食堂は北朝鮮当局が外貨稼ぎのために直接運営している。

北朝鮮・平壌の食堂でも女性従業員の美貌はずば抜けている。中国人観光客は彼女らと1回は写真を撮る。食堂は料理で競争するのではなく、女性スタッフで競争する。女性スタッフの美貌が売り上げと直結するという話だ。そのためこうした食堂の従業員として就職するにはミスコリアも顔負けの審査を受けるという。

問題は彼女たちがホールサービングだけするのではないということだ。性接待員と変わらないという。金持ちを顧客にすればドルでチップをもらえ、高価な靴と時計もプレゼントされる。以前は貧しい女性がこうしたホールサービングをしていたが現在ではこのように稼ぎの良さから音楽大学や芸術学院学生までホールサービングに出るという。

北朝鮮専門メディアの開かれた北朝鮮放送は、平壌市万景台(マンギョンデ)区域金城洞(クムソンドン)に住む消息筋の証言として、「経済難で社会給営部門(さまざまな食品を生産して供給する北朝鮮の商業の一部門)食堂を直接経営できなくなると、看板だけ国家企業といって金と権力を持った人々が食堂を運営し始めた」と伝えた。これらの食堂は、「競争が過熱すると料理で競争するのはもちろん、食堂の女性スタッフで競争している」という。実際にこれらの食堂で仕事をする女性スタッフは北朝鮮最高食堂の玉流館(オクリュグァン)など国営食堂に引けを取らない美貌を誇る。

こうした食堂は平壌市中区域と万景台区域、大同江(テドンガン)区域など比較的栄えている区域に20~30店程度あるという。食堂により事情は違うが、部屋ごとにテレビとピアノを置き、ホテルの部屋も顔負けというのが消息筋の証言だ。また、これらの食堂は昼間は料理を売り、夜には売春がなされるという事実を平壌住民ならば誰でも知っているという。店主が退勤するときは女性スタッフに鍵を渡し、お客さんには「よろしくお願いします」と話しかける。それで「女性スタッフの美貌と奉仕水準により食堂がうまくいくかが決定される」という公式が成立した。

主要顧客は軍部隊の外貨稼ぎ担当者らだ。彼らはチップをドルで払い、靴など各種高価な雑貨も気軽にプレゼントする。チップは少なくても10~100ドル程度だという。

ここで働く女性は、以前は貧しい周辺区域の無力で貧しい女性だった。しかし稼ぎが悪くないといううわさが立ち、映画女優や演劇大学、音楽大学、芸術学院の学生たちまで特別パートナーという名前で食堂に出て行くという。

今年9月26日スタートの朝の連続テレビ小説『カーネーション』でヒロインを演じる尾野真千子(29)。

尾野は97年、映画『萌の朱雀』で女優デビューし、カンヌ国際映画祭グランプリ作品『殯の森』や『世界の中心で、愛をさけぶ』『クライマーズ・ハイ』『Shikasha』など話題作に次々と出演。その演技力は高く評価されている。

そんな彼女の作品で特に話題になったのは、昨年上映された『真幸くあらば』。

実はこの作品で主役を務めた尾野は、フルヌードを披露し、迫真の自慰シーンを演じているのだ。

(以下引用)
尾野の役どころは、自分の婚約者を殺した若い死刑囚にやがて惹れていくクリスチャンの女性。大切な人を奪った、憎むべき男との面会に刑務所に通ううちに、いつしか2人の間に愛が芽生えるという難しい役どころ。


アクリル板越しの恋ゆえ、お互いに触れ合うことが許されないため、2人は満月の夜、同じ時刻に別々の場所で互いを想いながら自慰行為に耽るのだ。

尾野は服を脱いで全裸になると、月明かりの中で立ったまま、ツンと張ったお椀のような形のいい自らの乳房を揉みしだく。もう片方の手を下にやり、呼吸は徐々に乱れて行く――。

当時、のインタビューに、尾野はこんな大胆な告白をしていた。

「演技する前は、もちろん嫌でした。でもいざ演技に入ると、全然嫌じゃなかった。これは、お互いを心の目で観ている、という場面なんです。現場では『パンツはいていいよ』といわれましたが、布をまとうということは、自分の中で何かを隠していることになる。それでは心を開いてないことになるから、はきませんでした」[引用元:週刊ポスト より]

こちらが"究極の純愛"を描いた映画『真幸くあらば』の画像。暗がりだが美しい全裸姿は衝撃的だ。

ブレイク前の美人女優の"自慰"映画といえば『べロニカは死ぬことにした』のGカップ・真木よう子が有名だが、それに匹敵するほどの名シーンとして一見の価値あり。今や"第2の真木よう子"か。

|ホーム| 前のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。