Top|

twitter

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
gnj1009200506015-p1.jpg
作詞家の秋元康氏(54)が、副学長を務める京都造形芸術大学(京都市)の校歌「59段の架け橋」の作詞を手がけ19日、同氏がプロデュースするアイドルグループ、AKB48が同大学学園祭で初披露した。

 これまで校歌がなかった大学が、来年の開学20周年を機に、秋元氏に依頼。AKBのデビュー当時から同校の学生が衣装を手がけるなど縁が深いことから快諾し、実現した。 歌詞は正門前の59段の階段がモチーフ。♪僕たちの目の前には59段の架け橋 ひとつ階段を上ると未来が近づいて来る-の歌い出しで、秋元氏は「階段を上ることで夢の先が始まる。歩き続けることが大事だという思いで作った」と話した。

 約850人の学生を前に行われたメンバー16人によるお披露目では、配られた歌詞を見ながら一緒に口ずさむ学生たちの姿も。高橋みなみ(19)が「皆さんの思い出とともに、これから語り継がれることを私たちも祈っています」と呼びかけると、大きな拍手がわき起こった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://geinouupper.blog96.fc2.com/tb.php/121-4e71ee75

|ホーム|


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。