Top|

twitter

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
主演映画『BECK』が公開されたばかりの人気俳優・水嶋ヒロが所属事務所「研音」を9月20日付で退社していたことがわかった。

 水嶋はドラマや映画に主演し、CMも取れる数少ない若手俳優。研音としては"ドル箱"で、普通なら退社を思いとどまるよう全力で慰留するはずだ。それをアッサリ手放すのだから、やはり今回の退社はケンカ別れと言っていい。原因はすでに複数のマスコミが報じている通り、昨年4月に女性アーティスト・絢香と事務所に無断で結婚したことだ。

  某週刊誌デスクは「結婚会見で水嶋は絢香との入籍は事務所にも事後報告だったことを明言してしまった。これでは業界中に『研音は所属タレントも管理できない』と言っているようなものですよ。恥をかかされた研音は大激怒で、水嶋のタレント価値を度外視してクビを即決したそうです」と当時を振り返る。

 このタイミングの退社報道は、結婚前から決まっていた仕事がすべて片付いたことを意味する。研音が怒る理由は他にもある。大手レコード会社関係者は「"2人が付き合っている"と報告を受けた研音の幹部は、交際を黙認し、マスコミに撮られないよう2人のために超高級マンションの一室を借りたんです。そこで2人は愛を育んでいた」と明かす。そのマンションはマスコミも張り込めない厳重な警備で知られ、家賃は百万円はくだらない。

「研音としては、当時ヒット作を連発していた絢香の機嫌を損ねないよう、交際には反対せず、一方で女性ファンの多い水嶋のことを気遣ってそのマンションを借りた。もちろん家賃は事務所持ちですよ。ひと月数百万は決して小さい負担ではありませんでしたが、2人の今後を考え、異例のVIP待遇をした」(同関係者)

 しかし、結果は......。大手芸能プロ関係者は「水嶋さんは複数のプロダクション幹部に接触し、独立について相談していますが、彼が表舞台に出た瞬間、研音の"妨害"が入ることは間違いありません」と語る。

 恩を仇で返された恨みは想像以上に深そうだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://geinouupper.blog96.fc2.com/tb.php/127-acfa045f

|ホーム|


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。