Top|

twitter

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 北米ツアー中のロックバンド、X JAPANのリーダー・YOSHIKIが甲状腺機能亢進(こうしん)症を患っていることが7日、わかった。昨年7月の頚椎椎間板孔切除手術前の診断で判明したが、「心配をかけたくない」との意向によりスタッフにもこれまで公表を控えていた。甲状腺ホルモンの分泌量が過剰になり「一般の人に比べ非常に疲れやすい体質」(主治医)で、このほど滞在先のホテルで気を失って倒れていたところを発見され病気が判明。「一時は甲状腺がんの可能性も示唆された」(同)といい、今のところはその心配はないものの引き続き精査と治療を要する。活動は休止せず、現地時間10日に予定どおりツアー最終公演をニューヨークで行う。

yoshiki.jpg

 持病の椎間板ヘルニアが悪化し、骨の変形により神経を圧迫する頸椎椎間孔狭窄(きょうさく)症と診断され、昨年7月27日に米カリフォルニアで外科手術を受けたYOSHIKIだが、その術前診察で甲状腺肥大と甲状腺機能亢進症も見つかっていた。重篤になると頻脈などの心循環器の症状や代謝亢進、不眠、麻痺などの神経症状、意識障害を伴う可能性があり、YOSHIKIはレコーディングやコンサートの合間をぬって治療や検査を続けてきた。甲状腺の病気の一つであるバセドウ病と診断された歌手の絢香も昨年末をもって活動を休止し、現在は治療に専念している。

 なお、北米ツアーでは当初、「メンバー全員で話し合った結果、少しでもHIDEの映像を使用し、HIDEと一緒に初の北米ツアーを回ります」(メンバー一同)と、ギタリストの故・HIDEさんの映像を使用すると発表していたが、遺族の意向により映像使用は見送られている。1996年に終えた『DAHLIA TOUR』以来、14年ぶりのコンサートツアー中のX JAPANだが、ニューヨーク公演終了後、来年春までには再び日本公演が開催される予定。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://geinouupper.blog96.fc2.com/tb.php/163-5727502f

|ホーム|


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。