Top|

twitter

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 人気アイドルグループ・AKB48の秋元才加(22)と「自宅お泊りデート」をしたと14日発売の『週刊文春』で報じられたマルチクリエイターの広井王子氏(56)が同日、自身のブログで一連の騒動に謝罪するとともに「恋愛感情はまったくありません。あるわけがないです」と完全に否定した。

akimotosaika02.jpg

 同誌では昨年から広井氏が手掛ける舞台などに毎回秋元が出演していると指摘した上で、秋元の自宅マンションに通う広井氏の写真を掲載、秋元に直撃取材も敢行している。これを受け秋元はブログで「演技についていろいろアドバイスをしてくださる先生であり、尊敬している演出家です」と演技の相談相手とした上で「父親以上に歳が離れているので、まさか、そんな噂になるようなことはないだろうと思っていました」と謝罪した。

 広井氏もまた「びっくりしています。と同時に、ちょっと軽率だったなと思っています。いまをときめくAKB48のアイドルに関わっているという自覚が足りませんでした。たくさんいる芝居仲間と同じに考えていました。このたびお騒がせしたことにつきまして、関係者のみなさん、ファンのみなさんに、お詫びいたします。秋元才加さんにも申し訳ない思いです。いくらなんでも56のジジイと恋愛じゃかわいそうです」と謝罪した。

 今回の経緯について「ぼくは秋元才加さんの事務所から芝居のアドバイザーを正式に依頼されました」とし、広井氏が30年かけて蓄えた芝居の資料などに触れ「その資料やぼくが見てきたものが芝居を志す若い方の役立つなら、それは嬉しいことです。歳をとるとはそうゆうことなんです」と釈明。秋元の役作りへの取り組みを絶賛した上で「ただ経験が足りません。AKBの仕事を終え、深夜に台本と格闘して助けを求めてくる電話が何度かありました。芝居のことならいつでもサポートしようと思いました」と明かしている。

 さらに秋元の仕事に対する姿勢には「ある種の感動を覚えました。決して恋愛感情ではありません。感動です」とも。人気商売の宿命を改めて実感し「人気が出るというのは残酷なんだなぁとも感じました。ぼくがいろいろなキャスティング権を握っているように言われていますが、そのような権限はまったくないです。最後にお願いがございます。どうか劇場に足を運んでいただきまして秋元才加さんをご自身の目で見ていただきいと思います」とフォローし、「秋元才加さんファンのみなさまに重ねてお詫び申し上げます」と結んだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://geinouupper.blog96.fc2.com/tb.php/190-3f844232

|ホーム|


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。