Top|

twitter

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 歌手の吉川晃司(45)と大黒摩季(40)がユニットを結成し、映画「仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE」(12月18日公開)の主題歌を担当することになった。子宮疾患の治療のため11月から活動を休止する大黒にとっては区切りの最後の大仕事。吉川のエールも受け、大黒は「新しいことに挑戦したまま休めるから幸せ」と意気込んでいる。

 活動休止を前に、大黒が子供たちのヒーローにメッセージを託す。

 映画で仮面ライダースカル(鳴海荘吉)役で主演を務める吉川と、「仮面ライダーオーズ」のテレビシリーズの主題歌を務める大黒。仮面ライダーが取り持つ縁で2人の初共演が実現した。

kikawa_oguro.jpg

 2人はこのほど都内のスタジオでジャケット写真を撮影。アイドル時代から「影響を受けて吉川さんの音楽のルーツをたどっていった」というほど吉川のファンだった大黒は「足元はカズダンスを踊りたくなるほどうれしくて舞い上がってました」。吉川も「女性とのコラボは初めてだからものすごい楽しみ」と腕をまくる。

 ユニット名や曲のタイトルは未定だが、12月15日にシングル発売することが決定。吉川が作曲、大黒が作詞を担当し、今月末にはレコーディングに入る。テレビの「―オーズ」は「夜に晩酌しながら見ている」という大黒は「普遍的なテーマを追い求めたい」。吉川は「メロディーもわかりやすくパワフルにしたい」と構想を語った。

 子宮疾患と不妊治療のため11月から休養に入る大黒にとっては最後の仕事となるが「痛んで弱ってフェードアウトするというのが嫌。新しいことに挑戦したまま休めるから幸せ」。

 吉川から「やり残しがあるまま休養に入る方がすてき。再会を楽しみにしたい。大黒さんなら女性ライダーもありだと思う」とエールを送られ、「絶対に本編にも喫茶店のおばちゃん役とかで出たい。悪役顔だからライダーは無理ですね」とライダーでの復帰を約束した。

 ◆休養後11・17シングル発売 〇…大黒は28日に東京・渋谷のプレジャー・プレジャーで行われるオルケスタ・デ・ラ・ルスのライブにゲスト出演。昨年、デ・ラ・ルスのアルバムで共演したのを機に今回の出演も決定した。また、同29日には東京・赤坂ブリッツでファンクラブ限定のラストライブを開催。休養後の11月17日には「―オーズ」の主題歌「Anything Goes!」のシングルが発売される。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://geinouupper.blog96.fc2.com/tb.php/207-bc4fd7e5

|ホーム|


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。