Top|

twitter

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「うたばん」(TBS)のリニューアル番粗「ザ・ミュージックアワー」がひっそりと終了した。

13年半続いた長寿番組がリニューアルしてたった半年で打ち切りという事態。

 そこには、今やお笑い界の重鎮となった石橋貴明と、アイドル界の大御所・中居正広の人気者コンビが司会を務めたとはいえ、「視聴率がまったく取れない」という切実な原因があったという。

 歌番組ながらトークに重点を置いた同番組は、開始当時は斬新かつ画期的であり、「モーニング娘」のメンバーをイジリ倒して結果的に個々の知名度アップに貢献したり、あまり歌番組に出演しないアーティストを引っ張り出したりと数々の偉業を遂げている。

 そんな歴史ある番組があっさり幕を下ろすほど視聴率が下がってしまった背景には、様々な要因があったようだ。

 モー娘をおちょくってた頃は『やりすぎだ』『かわいそう』といった意見が老若男女問わず随分届きましたが、それだけ幅広い層が観てたってことでしょう。

 アンチも含め、メディアへの投書の数は人気の証拠である。

 ところが、番組にお笑い芸人が出始めると投書の内容も「芸人ばかリでつまらない」に変化したという。
 あまりに歌番組から逸脱しすぎたか、その後は徐々に投書の数も減ってきたとか…。

 挙げ句の果てに『うたばん』の最終回では、長年のファンまで失ってしまったらしい。

 サプライズで番組名だけが『ザ・ミュージックアワー』に変わったときは、怒りの声が相当届きました。
 『最終回だと思ったのに騙された』なんて意見がいつもの3倍は来ましたよ。

 その後、投書はほとんど来なくなりましたね…

 とんねるずの番組にはありがちな悪ノリが、まさかの皮肉な結果に。

 かつては一世を風靡したとんねるずのお家芸である若手イジリやサプライズ演出も、もはや通用しない時代になってしまったのだろうか。

 元々、ギャラに見合わないタレントとして数年前から煙たがられていたとんねるずだが、最近の石橋はあまり芸能活動に興味が無いともっぱら。

 今やテレビのレギュラーは「とんねるずのみなさんのおかげでした」一本となった石橋は、来年には芸能界を引退して飲食店の経営を本格的に行うとの噂もある。

"とんねるず解散"の可能性は極めて高い!?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://geinouupper.blog96.fc2.com/tb.php/219-d9fd12b4

|ホーム|


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。