Top|

twitter

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
執筆活動を理由に9月に芸能事務所を退社した俳優の水嶋ヒロ(26)が、処女作で「第5回ポプラ社小説大賞」を受賞した。

命をテーマにした「KAGEROU」という文学作品で、大賞賞金2000万円が贈られる。執筆活動が明らかになってから、わずか1カ月での受賞は大きな反響を呼びそうだ。1日に都内で発表会が行われる。

水嶋の今度のサプライズは文学賞だった。昨年2月のシンガー・ソングライター、絢香(22)との電撃結婚、今年9月20日付の事務所退社と、次々と世間を驚かせてきたが、新しく挑戦した文学界で早くも才能を発揮した。

同賞は、大人の読者に向けた本の展開を目指して創設されたが、06年の第1回以外、大賞は過去3回「該当者なし」。4年ぶりの大賞を完全に実力で勝ち取った。

「命」をテーマにした処女作は、実体験から生まれた。幼稚園から小学校6年までスイスで暮らした帰国子女。友人は「海外の生活の中では苦しい体験もあり、生と死について小さいころから考えていた」と語る。

別の知人は「自殺者の数を知ったのがきっかけで書いた作品。最後に悔いのない、良い人生だったかを決めるのは自分。そのために、何をしなければいけないかを考えてこの作品が生まれた」と解説した。作詞、作曲をする絢香との出会いからも創作意欲を刺激されたようだ。

授賞理由や内容の詳細は1日の発表会で明かされる。「作家・水嶋」がどんなメッセージを発するか注目される。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://geinouupper.blog96.fc2.com/tb.php/247-c552c297

|ホーム|


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。