Top|

twitter

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が、読売テレビ・日本テレビ系『示談交渉人 ゴタ消し』(2011年1月6日 後11:58スタート)で、連続ドラマに初主演することが21日、わかった。

 高度な交渉術や心理学を駆使して、さまざまなトラブルを解決する銀髪の"示談交渉人"を演じる。本業以外の現場で、大勢の共演者やスタッフと"運命共同体"となる西野は「任せられている場所だけはちゃんと全うして、すばらしいドラマにしたい」と気合い十分。

 芸歴11年ながら役者業には不安を抱えるが「自分にしかできないことをやらないと、何にもならない」と語り、今後は監督と役の設定を練り上げるという。

 本業であるお笑いをはじめ、今年6月には処女小説『グッド・コマーシャル』、11月には2冊目の絵本『Zip&Candy』を発表するなど、多才な人物として知られる西野。

 これまで、連ドラでの役者経験はあったが、今回は学生時代から一切染めたことが無かった髪を銀髪に変えて、キャラクターになりきる。

 通称"白虎"と呼ばれる、西野演じる主人公・白井虎次郎はクールな一匹狼で人間嫌いだが、外交官時代に交渉術や行動心理学などの訓練を受けており、政治的外交の切り札的存在としてならした過去を持つ。

 1話完結となる今作では、究極の交渉術を駆使してモメ事="ゴタ"を巻き起こす悪意に満ちた相手のウソを見抜き、一刀両断に解決へと導く姿を描く。

 西野は「なぜ自分がここにいるのかという感じ。監督さんには、尻尾を振りまくる所存です」と、畑違いを実感。

 自身、交渉術はあまり上手い方ではないが、キネシクス(動作学)が事件解決のキーワードとなるだけに、演じて学んだことを「(他の)番組で活かせたらと思います(笑)」とおどけてみせる。そんな虎次郎の助手的存在で動くフリーターのヒロイン・桜彩乃役を務める忽那汐里からは「(芸人さんと)共演させていただき、嬉しいです」と喜ばれたが、これには「彼女は色っぽくて、しばらくは直視できないと思います。

 相手の事務所に目付けられへんように(仲良くしたい)」と芸人らしいコメントを残した。

 2人のほか、ガレッジセールのゴリも情報収拾のエキスパートで虎次郎と強い信頼関係を結ぶバーのマスター・藤井信吾役で出演が決定。

 後輩・西野の真面目な演技を「笑わずに見ていられるのか心配です」と同業者ならではの目線で語る。

 その一方、原作者の漫画家・大沢俊太郎氏は、西野がこれまで映画監督や舞台の脚本を手がけた"経験"を重視し「自分の漫画の映像化は、視聴者の立場で観られるのでとても楽しみです」と期待を寄せた。

 過去の"ゴタ"経験では女性関係が多かったという西野だが、最近は「仕事でも私生活でも(ゴタは)ないですね」と、すっかり大人しくなった様子。原作では、クールで二枚目なキャラクターの設定だが「漫画に寄せすぎて、ドラマ(の役柄)を見失わないように気をつけたい」と話し、原作ファンの気持ちを汲み取りながら、あくまで"独自路線"で演じていくという。

 真っ先にやることは「風邪を引かないよう(インフルエンザの)予防注射だけは受けにいく」とドラマモードに切り替え、クランクインを迎える。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://geinouupper.blog96.fc2.com/tb.php/301-25b6b7fc

|ホーム|


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。