Top|

twitter

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 結婚前に妊娠する、いわゆる「できちゃった婚」で第1子の生まれた割合は25.3%に上ることが9日、厚生労働省の人口動態統計特殊報告で分かった。

 10代では81.5%に達し、東北や九州で多い傾向も明らかになった。

 報告によると、2009年に生まれた第1子のうち、結婚前の妊娠で生まれた子供の割合は前年より0.2ポイント低下し25.3%だった。

 割合は若い女性ほど高く、15~19歳で81.5%、20~24歳で63.6%、25~~29歳で24.6%、30~34歳で12.1%など。

 全体の傾向は近年横ばいで、昨年については20代以降で前年より低下したが、10代後半は0.8ポイント上昇していた。

 都道府県別では、沖縄の38.2%が最も高く、佐賀33.3%、青森32.4%などの順。最も低いのは滋賀21.6%で、愛知、神奈川が続いた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://geinouupper.blog96.fc2.com/tb.php/337-d7540234

|ホーム|


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。