Top|

twitter

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 東京都豊島区は13日までに、手塚治虫さんら戦後を代表する多くの漫画家が青春時代を送り、1982年に解体されたアパート「トキワ荘」周辺の散策マップを作製した。

 地域住民の協力を得て、作品に登場する実在のラーメン店などを網羅した。

 区の担当者は「巨匠たちが暮らした漫画の聖地を肌で感じてほしい」と話している。

 トキワ荘は旧椎名町(現・南長崎)にあった1室4畳半の木造アパート。

 53年に手塚さんが入居した後、藤子不二雄さんや石ノ森章太郎さん、赤塚不二夫さんらが相次いで入居し「漫画家の梁山泊」とも呼ばれた。

 マップは2万部を印刷。区役所や現地の商店街「トキワ荘通り」で無料配布しており、区のホームページからダウンロードすることもできる。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://geinouupper.blog96.fc2.com/tb.php/401-3c0544db

|ホーム|


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。