Top|

twitter

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 昨年12月、大手レコード会社「ワーナーミュージック」と日米の活動を含めたグローバル契約を締結した歌手・赤西仁(26)が、自身の誕生日で米国の独立記念日でもある7月4日、全米デビュー作となるアルバムを発売する見込みとなった。

 赤西は14日、さいたまスーパーアリーナでソロツアーの初日公演を開催。昨秋の全米ツアーで見せたパフォーマンスを日本のファン約2万2000人に初披露した。

 2011年、赤西の全米進出計画の青写真が見えてきた。現在は夏の発売に向け、アルバムを制作中。

 セルフプロデュースという形で臨んでいるが、R&B、ヒップホップの米国のビッグネームも参加を予定しているという。

 この日、コンサートの開演前に会見した赤西も「これからうれしい発表がどんどん出来ると思います」と、自信の笑みを見せた。

 7月4日の米独立記念日は赤西の27度目の誕生日でもあり、「ぜひそうなる(アルバム発売)といいですね」とワーナーミュージックのスタッフ。

 アルバムの前には先行シングルも発売も予定している。米国での名義は「Jin Akanishi」の予定だが、変更される可能性もあるという。

 アルバム発売後は米国だけでなく、アジア各国のツアーも予定している。

 昨年12月9日に全米デビューを発表した赤西は、今月2日に渡米。アルバム制作や打ち合わせを行った。

 「去年から時間に追われる日々であまり寝てない」と苦笑いしたが、通訳を使わず、すべて自身でやりとりしながら計画を進めているという。

 大物プロデューサーでもある米国本社のリオ・コーエン副社長ともうち解け、昨秋のニューヨークでのライブには米国のスタッフが大挙、応援に。

 同社内でも「グリーン・デイのライブよりも関係者の人数は多いのでは」という声も上がるなど、赤西への注目度は高い。

 この日のライブは20曲中17曲が英語。米国ツアーにも帯同した外国人ダンサーがバックを務め、米国仕様のステージを日本のファンにお披露目した。

 15、16日に同所で行った後、大阪城ホール(21~23日)、日本武道館(2月11~13日)、神戸ワールド記念ホール(2月15~17日)と回っていく。

 ■Green Day(グリーン・デイ)1987年、米サンフランシスコ・バークレーで結成されたパンク・ロックバンド。

 94年メジャーデビューアルバム「ドゥーキー」を発表し、95年のグラミー賞で最優秀オルタナティブアルバム賞。

 2005年「アメリカン・イディオット」で同賞最優秀アルバム賞、06年「ブールヴァード・オブ・ブロークン・ドリームス」で同賞最優秀レコード賞を受賞した。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://geinouupper.blog96.fc2.com/tb.php/408-f2de4144

|ホーム|


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。