Top|

twitter

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 人気アイドルグループ・AKB48が、史上初の「3週連続シングル4作同時TOP10入り」を達成した。

 昨年大みそかの『NHK紅白歌合戦』で歌唱した「ヘビーローテーション」(昨年8月発売)、「Beginner」(同10月発売)、「ポニーテールとシュシュ」(同5月発売)の3作と、最新シングル「チャンスの順番」(同12月発売)の計4作が、1/24付週間シングルランキングでTOP10内をキープ。

 オリコンがランキング発表を開始して以来、44年目で初の記録となった。

 今週、TOP10入りしたAKB48のシングル順位は、「ヘビーローテーション」が5位(累積売上76.0万枚)、「Beginner」が6位(同99.5万枚)、「チャンスの順番」が8位(同67.0万枚)、「ポニーテール~」が9位(同68.5万枚)。

 AKB48は昨年末の歌番組出演をきっかけに新規ファンを獲得し、旧作シングルが軒並み急浮上。

 年明け最初の1/10付ランキングで女性グループ史上最多となるシングル4作同時TOP10入り。

 翌1/17付ではTOP10内に4作、TOP100内には歴代最多の11作同時ランクイン(再発除く)を達成し、新年3週目の今週も好調を維持している。

 なお、年明け後2週連続シングル首位を獲得していたシンガー・ソングライター、植村花菜の「トイレの神様」(昨年10月発売・累積売上9.3万枚)も2位にランクインし、3週連続TOP3をキープしている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://geinouupper.blog96.fc2.com/tb.php/418-40ba1748

|ホーム|


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。