Top|

twitter

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 水木しげるさんが「四谷怪談」を独自に解釈したマンガ「東海道四谷怪談 日本の妖異」が18日、ホーム社から復刊された。文庫判248ページで580円。

 15年前に扶桑文庫から発売されていたが、入手困難な状況にあったという。

 「東海道四谷怪談 日本の妖異」は、鶴屋南北の「東海道四谷怪談」に妖怪世界の勢力争いを織り交ぜ、主人公・伊右衛門が妖怪にそそのかされ悪事を重ねていくというストーリー。

 水木さんがさまざまな作品で描き続けてきた「幸せとは何か」というテーマにつながっており、現在でも心に響く内容となっているという。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://geinouupper.blog96.fc2.com/tb.php/420-8230aca4

|ホーム|


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。