Top|

twitter

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2月16日に発売されるAKB48の新曲「桜の木になろう」が物議をかもしている。

 というのも、この曲のセンターポジションが前田敦子(19)に決まったことでAKBファンが猛反発。

 「センターは総選挙で勝った大島優子のはずだろ?」といった疑問と怒りの声が出ているという。

 AKB48といえば、人気投票「AKB48総選挙」を開催して09年は前田が1位を獲得し、「不動のセンター」と言われるまでになった。

 ところが10年6月に行われた「総選挙」では大島優子が前田を破ってトップに。

 ファンの中には、次の総選挙まで大島がずっとセンターだと思っている人がいてこんな騒ぎになったようだ。

 そもそも、ファンはお気に入りのメンバーの順位を上げるために奔走。

 投票権の付いたCDを何百枚も買ったファンもいた。

 大島を1位にする為に大金を注ぎ込んでCDを買ったファンには今回の件で同情の声すらある。
 「AKBを引っ張っていかなければいけない立場だったが、私にはうまくできなかった。

 リベンジしたい」と大島は壇上で涙を流し、「私の背中を押してくれとは言いません。ついて来てください。AKB48がトップでアイドルグループとして輝いていけるように務めます」と"新リーダー"としての抱負も述べたのだ。

 その後発売された「ヘビーローテーション」では大島が初のセンターに君臨したが、次の「Beginnerr」は大島、前田、篠田などが別々にセンターを務める6パターンが作られるという不可解な状態に。

 10年12月に発売された「チャンスの順番」は、10年9月21日の「シングル選抜じゃんけん大会」で勝ち残った運のいい16人が選抜メンバーとなり、優勝した内田眞由美(17)がセンターになった。

 今回の新曲「桜の木になろう」は、「じゃんけん大会」のような仕組みがなかったため、大島がセンターになると信じた人が多かったようだ。

 今回の曲はなぜ大島がセンターではないのか?「AKB48」の所属事務所AKSに聞いてみたところ、「昨年の総選挙はあくまで新曲『ヘビーローテーション』のメンバーを選出するための企画です」という答が返ってきた。

 つまり一曲だけの話で、その後センターを誰が務めるかは曲のイメージなどを考慮し、適宜に決めているということだった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://geinouupper.blog96.fc2.com/tb.php/434-b7f750b4

|ホーム|


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。