Top|

twitter

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 人気マンガ「名探偵コナン」のアニメ放送15周年を記念して、実写ドラマが4月に読売テレビ・日本テレビ系で放送されることが明らかになった。

 主人公の高校生探偵、工藤新一を溝端淳平さん、ヒロインの毛利蘭を忽那汐里さんが演じる。

 06、07年の実写版の小栗旬さんに続く2代目となる溝端さんは「ちょうどテレビを見始めて、覚えている記憶の中で一番古いアニメ。

 それを自分がやるというのは責任重大というか、コナンを好きな分、コナンを見て育ってきた世代の分、初めて聞いた時はすごくプレッシャーを感じましたね。

 でも、うれしいです。この世界に入って4年ですけど、自分が昔から見てきたアニメの実写版をやるというのはすごくありがたいですね」と意気込みを語っている。

 「名探偵コナン」は、「週刊少年サンデー」(小学館)に連載中の青山剛昌さんの人気マンガが原作。

 高校生探偵の新一が、謎の組織の手で子どもの体にされてしまい、小学生探偵の江戸川コナンとして、難事件を解決するというストーリーで、コミックスや関連書籍の売り上げが1億2000万部を突破している人気シリーズで、テレビアニメは96年からスタートして人気を集め、97年からは劇場版アニメも毎年製作され、興行収入がシリーズ累計で371億円に達する人気作品となっている。

 4月16日に公開される第15作「名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)」では、ゲスト声優として戦場カメラマンの渡部陽一さんを起用することが決まっている。

 ドラマ版はアニメ10周年として06年10月に第1弾「工藤新一への挑戦状~さよならまでの序章(プロローグ)~」、07年12月に第2弾「工藤新一の復活!~黒の組織との対決(コンフロンティション)~」が放送され、ともに小栗さんが新一を演じた。

 第3弾となる今回は完全オリジナルストーリーで、新一が子供にされてしまう100日前が舞台。

 マヤ文明の伝説に似た伝説が語り継がれる十五夜村で、溝端さん演じる新一が連続殺人事件の謎に挑むというストーリー。

 溝端さんは「工藤新一らしさっていうことももちろん踏まえながら自分なりの新一を見つけられればいいかなって。

 自分なりの解釈で思い切りやろうかなと思っていますね」と語り、「スカッと事件を解決できるテンポと説得力、種明かしができれば面白いのかな」と意欲をみせている。

 そんな溝端さんの相手役となるのが蘭役の忽那さん。

 オーストラリアで育った忽那さんは「マンガという文化になじみがなかったのですが、マンガの中では知っている作品です。

 皆さんに愛されている作品の実写版に出演させていただくことはとてもうれしい」と話し、「個人的に蘭はとても等身大の女性と感じています。

 等身大の女性というのは結構難しくて、声も声優さんと違いますし、なるべく感覚的なところで見ている方が一つでも共通点を抱いてくれれば」と"原作もの"ならではの難しさを感じながら意気込みを語っている。

 クランクインは2月下旬の予定。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://geinouupper.blog96.fc2.com/tb.php/496-d41b440f

|ホーム|


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。