Top|

twitter

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロンドンハーツ スポーツテスト

テレビ朝日系で8月31日(火)に放送する「ロンドンハーツ」で、恒例の「真夏のスポーツテスト」を開催。あびる優、大久保佳代子、大島麻衣、熊田曜子、国生さゆり、里田まい、シルク、杉田かおる、スザンヌ、西田麻衣、misono、道重さゆみ、森三中、矢口真里ら総勢16人の女性芸能人が、「50m走」、「上体そらし」、「走り高跳び」、「対抗リレー」の4種目を行う。

ロケは関東近郊の陸上競技場で行われ、グラウンドの気温は34度と猛暑。炎天下での過酷なロケとなった。今回の開催を提案した国生は、前回のスポーツテストの最終種目だったリレーで転倒し、優勝を逃したため「リベンジ! リベンジ!」と巻き返しに燃える。また、初登場のシルクはゴルフのキャディーのような帽子、手袋、首にタオルを着用し紫外線対策は万全。あびる優はロンドンブーツ1号2号・田村淳に髪形を「フローレンス・ジョイナーみたい」といじられる。

第1種目の「50m走」では、森三中・大島美幸の走りに「走り顔であんなに面白い顔初めて見た」(淳)、「途中から蛭子(能収)さんの顔になってた」(森三中・村上知子)など、一同は大爆笑。

第2種目は、前回のスポーツテストで杉田が「上体そらしがうまい人は床上手」という名言を生み出した「上体そらし」。杉田の“床上手解説”を交えながら進行され、前回、この競技で1位だったスザンヌに注目が集まる。

第3種目は「走り高跳び」。70cmの高さからチャレンジする。大島麻衣は跳ぶ直前に「どうしよう! きゃ~」と自信のなさをアピールするが、その演技めいた悲鳴の上げ方にメンバーから批判の声が。また、前回優勝のmisonoは今回も背面跳びで勝負に出る。

最終種目の「対抗リレー」は、ヤングチームとアダルトチームに分かれて決着を。しかし、チームの境界をめぐってメンバーからクレームが噴出する。

ほか、シルクの「べっぴん塾」を開催。日焼けに良い美容液の使い方や、紫外線のダメージをなかったことにしてくれる食材などをレクチャー。また、運動後に筋肉が張らないエクササイズを披露する。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://geinouupper.blog96.fc2.com/tb.php/50-d7b0775a

|ホーム|


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。