Top|

twitter

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 いた! いた! いた! 覚せい剤取締法違反(譲り受け)容疑で逮捕状の出ているタレント、小向美奈子容疑者(25)が11日、"逃亡先"フィリピンの首都マニラ市内で激写された。

 テレビ朝日の現地記者によるスクープ映像で、同日夕の同局ニュース「JチャンネルSP」などで放映された。小向容疑者の"潜伏生活"が明かされる初の生映像だったが、質問には無言を貫いた。

 サングラスをかけ、顔を隠していたが、その容姿からひと目で小向容疑者と分かる。服装はゼブラ模様のミニスカワンピース。胸元も大きく開いており、自慢のスライム乳(バスト90)がいまにもこぼれ落ちそうだ。

 テレビ朝日による"直撃"は現地時間11日午後1時(日本時間同2時)ごろ。邦人居住者が多くいる「リトルトウキョウ」からほど近いマニラ市内のマカティ地区だった。

 小向容疑者は、20代後半ぐらいとみられる男性と一緒で街中を散策。ややふっくらとした感じで、テレ朝記者とのハチ合わせに、一瞬だけ驚いた様子をみせた。

 「いつ帰国されるんですか!?」「覚せい剤による逮捕状が出ているのを知ってますか!?」などというテレ朝記者の質問には、一切答えなかった。

 小向容疑者は薄笑いを浮かべながら、男性にすがるような形で足早に歩き、最後はタクシーに乗り込み、どこかへ走り去った。

 男性は右手にHDビデオらしきものを持っており、漂うムードは限りなく観光。「海外逃亡」の気配はみじんもなかった。

 実際にマニラ市内にいる小向容疑者が生で確認されたのは今回が初めてだった。

 現地関係者の話によると、小向容疑者は2月4日からマニラ市内の高級ホテルに6泊の予定で滞在。

 10日に予定通りチェックアウトしたことが確認された。

 ここでも男性と一緒だったが、部屋は別々だったという。男性の素性は分かっていない。

 小向容疑者は1月21日に出国。「査証免除(観光目的)」によるフィリピン滞在期間は11日で切れたが、すでにマニラの入館管理所で「延長申請」して認められ、最長3月21日まで滞在可能となっていることが11日、明らかになった。

 すぐに帰国するつもりはさらさらないようだ。申請日は日本で逮捕状請求が表面化した8日だった。

 また、イラン人グループが覚せい剤密売に使っていたホテルに小向容疑者が頻繁に出入りするのを、内偵捜査中の捜査員が確認していたことも11日、捜査関係者への取材で分かった。

 このグループは東京都品川区内のホテルなどを転々としながら、覚せい剤を売りさばいていた。

 警視庁組織犯罪対策5課が内偵捜査を行なっていた2010年春以降、ホテルに複数の女が出入りしており、そのうちの1人を、捜査員が小向容疑者と特定。

 今回の逮捕状請求となった。
スポンサーサイト

コメント

犯人ですけど

小向美奈子を見逃し警察に通報しないというのは犯人隠匿とかにならない?

小向のおま…また見たくなった
2011-02-12 12:49 | なんと! #- URL [編集]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://geinouupper.blog96.fc2.com/tb.php/517-8eee2895

|ホーム|


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。