Top|

twitter

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 女優の長澤まさみ(23)が3月21日放送のTBS系スペシャルドラマ「屋上のあるアパート」(時間未定)に主演する。

 原作はエッセイスト・阿川佐和子氏(57)の同名長編小説。

 かつて住んでいた米国のアパートをモデルに書いた作品。ドラマ「Dr.コトー診療所」、映画「涙そうそう」「ハナミズキ」の吉田紀子氏(51)が脚本を手がける。

 長澤は勤務先の編集プロダクションが倒産、広告代理店で働き始めた27歳の独身女性・麻子役。

 失業、転職、自立といった人生の転機を迎える中で、彼女が前向きに生きる姿、成長していく過程を演じる。

 憧れだった阿川作品の主演に「以前から阿川佐和子さんの小説、エッセーが大好きだった。出演が決まり、とてもうれしい」と喜んだ。

 「実年齢より少し年上になりますが、等身大の麻子を演じられたら、と思っています」と話した。

 劇中では不安と希望を抱えて一人暮らしを始めた麻子が、一風変わった隣人たちとの交流で元気を取り戻していく姿が見どころの一つになる。

 会社社長の工藤(吉田栄作)、外資系企業に勤める幸二(加藤晴彦)という2人の年上男性の間で揺れ動く恋模様も見逃せない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://geinouupper.blog96.fc2.com/tb.php/528-6f1abbf8

|ホーム|


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。