Top|

twitter

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平成になってストーカーという言葉が定着し、それに関連した事件も増えたかのように思う。特に芸能人はより注意が必要になったのでは、と考えていたが状況はそうとも限らないようだ。

昭和32年に、歌手の美空ひばりがファンから塩酸をかけられる事件があった。これなどは美空ひばりがあまりに有名だったために起きた特殊な例なのかもしれない。しかし、このような過熱しすぎたファンからのストーカー行為などに対して芸能人は日々注意する必要があるのだ。
8月17日に放送された「踊る!さんま御殿!!」では新旧のスターたちがそうした経験を明かしあうこととなった。 きっかけは経済アナリストでタレントの森永卓郎が、久米宏の司会で一世風靡した報道番組「ニュースステーション」に出演していた頃の話から始まった。
森永卓郎がスタッフ室にいた時に「キャスターの渡辺真理はいるか?」と電話がかかってきた。名前を訪ねると「真理の夫です」と答えたのだ。森永が「渡辺真理は結婚していないが」と返すと電話の主は「他人のお前が勝手なことを言うな!」と怒鳴って切ったというのだ。これはファンからのストーカー行為なのではないかと言う話から出演者の経験談が語られることになる。

元モーニング娘。の中澤裕子は人気絶頂の頃はゴミを捨てるのにも注意したというのだ。特に安倍なつみや飯田圭織は敷地内にあるゴミ箱にしかゴミを捨てることができない状態だったという。

すると、AKB48の大島優子が特に注意は払っておらず「電車に普通に乗ったりするがまったく気づかれない」と涼しい顔で話したのだ。
それを聞いた中澤裕子は顔色を変えて「絶対に気づかれている! 大体電車に乗っているなんて話したらダメ」とアイドルの先輩として厳しく注意した。
大島があわてて「乗ってません!」と否定したが後の祭りである。しかし、モー娘。とAKB48とでこうも周囲の状況は変わっているのだろうか。

さらに強烈なのが昭和のスターによる経験談だった。女優の秋野暢子が自宅に帰ってドアを開けると玄関に人が居たことがあるというのだ。知らない人だったので母親の知人かと思ったがよくよく考えるとファンが忍び込んでいたのだ。これにはモー娘。もAKBも驚きを通り越して恐怖を感じていた。
すると今度は明石家さんまがやはり人気絶頂の頃に自宅に帰りベッドを見ると白い服を着た女が居て「おかえり」と言ったのだ。さんまは「これは幽霊だ」と直感したが、実はファンの女性が忍び込んでいたのである。このエピソードには秋野暢子さえも唖然としていた。

しかし、さんまの経験はもう1つあったのだ。毎週日曜日の夕方6時頃になるとさんま宅のドアをドンドン叩いて「サザエさん見よう!」という女性がいたというのである。この話にはみんな大爆笑したが、毎週来られたさんまにしてみると迷惑極まりない。

一連の話からは昭和のファンの方が大胆な行為をしたようにも感じるが、まだこの時代は今に比べて戸締りも手ぬるい部分があったとも考えられる。
いずれにしろ芸能人はプライベートでは自分を守る配慮も必要であり、ファンもプライベートな時間を過ごす芸能人にはマナーを守って接する理解が求められる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://geinouupper.blog96.fc2.com/tb.php/55-8f8f2de1

|ホーム|


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。