Top|

twitter

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 数年間に渡って、ひとりの少年に繰り返し性的暴行を加えたとして、デルタ在住の男が逮捕された。

 児童に対する性的暴行容疑873件で逮捕されたのは、ジェフリー・ビッガム容疑者。

 ビッガムと被害者の関係は公表されていないが、二人は昨年10月まで同居していたとされる。

 供述書によると、ビッガムは自宅や車内でポルノ雑誌を読みながら、少年にオーラルセックスなどを行っていた。

 このような暴行は少年が11歳のときから高校2年生になるまで続いたという。

 ある時、ビッガムがバスルームで少年にいたずらしていたところを、第三者が発見。少年が下半身裸であったことを不審に思ったその人物が、何事かと尋ねると、ビッガムは「自体愛(自慰など)について教えているだけだ」と答えたという。

 暴行の具体的な回数としては、少年が7年生(12-13歳)のときには週に7回から8回(年間365回)、8年生、9年生のときには週に5回(年間260回)、10年生(15-16歳)のころには月に4回から5回行われていたとされる。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://geinouupper.blog96.fc2.com/tb.php/576-4262d0f7

|ホーム|


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。