Top|

twitter

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ネットで知り合ったシングルマザーたちに、子供を性的虐待させていた男が法廷で有罪を認めた。
 月曜日、レッドフォード・タウンシップ在住のスティーヴン・デミンク被告人(41歳、写真上)は、デトロイトの連邦裁判所にて、児童の性的搾取に関する容疑6件に対して有罪を認めた。
 デミンクは09年4月から昨年9月までの間、ネットで知り合った女性たちに、自分は心理学者であると嘘をつき、「カウンセリング」と称して子供を性的虐待させていた。
 そして、その様子を撮影した画像を送信させたり、ウェブカメラで放送させたとされる。
 警察によると、昨年10月のデミンク逮捕以降、被害に遭った3歳から15歳の児童7人が保護され、彼の指示で子供を虐待した母親3人が逮捕されている。
 裁判では、デミンクがネットで主にシングルマザーをターゲットにしていたことが明らかとなった。
 彼は女性たちに、自分は14歳の娘をもつシングルファーザーであると称し、男性モデルの画像を自分の顔写真として送っていた。
 あるケースでは、デミンクは自閉症の息子(8歳)をもつ母親に、性教育の一環として息子に性的行為を行うよう指示。
 その様子をウェブカメラで放送させていた。
 また、「カウンセリング」という名目以外にも、自分とのデートをエサに母親を説得することもあったという。
 逮捕された母親の一人であるレベッカ・ネイル(ヴァージニア州)は、児童ポルノ製造容疑に対して有罪を認めており、懲役15年から30年を言い渡される可能性がある。
 別の母親、キャンディス・ミラー(フロリダ州)は同容疑に無罪を主張。現在も保釈金なしで勾留されている。
 イケメン心理学者を自称していたデミンクだが、実際には、学位も職もなく、子供もいなかった。判決は懲役15年から終身刑が予想される。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://geinouupper.blog96.fc2.com/tb.php/593-2b6ec7f2

|ホーム|


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。