Top|

twitter

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳(37)が16日、東京・渋谷区の代々木公園前で「品川庄司」の庄司智春(35)、マギー審司(37)らと東日本大震災の被災者に向けた救援物資の"街頭カンパ"を行った。

 13日から電池、携帯カイロ、懐中電灯を募集し、ツイッターで知った小倉優子(27)、東尾理子(35)ら約1700人が寄付の列をつくった。段ボール70箱の物資が集まり、自身の企画する団体を通じて岩手県へ届ける。

 "街頭カンパ"を企画した淳は、地震被災地に向けての救援物資と共に、インターネット中継でエールの声を送り続けた。若い女性ファンら約1700人が4時間半、途切れることなく列をつくった。

 集まったのはカイロ約2万個、電池約1万個、懐中電灯約300個。淳は、段ボール70箱を前に「たくさんの物資をありがとう。きちんと責任を持って届けます」と感謝した。

 淳は地震発生後、ツイッターで仙台市内の避難所にいる被災者からカイロなどが不足しているとの声を聞き、すぐに支援を決めた。現在、被災地では個人での物資提供は受け入れていないが、関係者が岩手県地域福祉課と連絡を取り、淳自身が企画している団体として物資を届けることになった。

 「ずっとモヤモヤしていて、頑張れという声を届けたかった。日本中が応援していると伝えたい」。自身も地震発生時、新幹線の車内に閉じ込められた。個人で立ち上がった援助の輪はツイッターを通じ瞬く間に広がり、この日、相方の田村亮(39)も淳に内緒で訪れたという。

 賛同した庄司、宮城・気仙沼市出身のマギー審司らも加わった。庄司は「淳さんがリーダーシップを執ってくれて、参加したいと思った」。妻のタレント・藤本美貴(26)も電池を持って駆けつけた。東尾理子は「少しでも自分にできることがあれば」とすっぴん姿で列に並び、夫の石田純一(57)から託された被災者への手紙と共に届けた。

 現在、被災地への交通手段が途絶えているため、集められた物資は北海道経由で届けられる。淳は「絶対に日本中が助けに行きます。諦めずにしのいでほしい」と、力強いエールを送った。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://geinouupper.blog96.fc2.com/tb.php/650-a5693fec

|ホーム|


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。