Top|

twitter

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 バスケットボール選手を主人公にした「スラムダンク」や宮本武蔵を描いた「バガボンド」などで知られる人気漫画家の井上雄彦(たけひこ)さん(44)が、浄土真宗の宗祖・親鸞をびょうぶに描き、東本願寺(京都市下京区)で報道陣に公開した。4月4~17日、境内で無料公開される。

 親鸞750回忌を今年迎える東本願寺が、若手僧侶らの提案を受けて昨年、井上さんに依頼した。井上さんは親鸞ゆかりの地を訪ねて構想を練り、今月10日に東京のアトリエで完成させた。

 親鸞は鎌倉時代、「南無阿弥陀仏」と唱えれば誰でも極楽へ行けると唱え、民衆に親しまれた。井上さんは、六曲一双(ろっきょくいっそう)のびょうぶ(高さ212センチ、幅582センチ)に、人々と泥の川を歩む親鸞の姿を描いた。井上さんは「民衆とともに生きた一人の人間として、30~40代の親鸞をイメージして描いた」と話した。

 東本願寺は近く、絵を元にしたポスターやはがきを販売し、売り上げを東日本大震災の義援金として寄付するという。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://geinouupper.blog96.fc2.com/tb.php/685-c6cd7b97

|ホーム|


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。