Top|

twitter

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気アイドルグループ・AKB48のベストアルバム『神曲たち』(昨年4月発売)の累積売上が4/4付週間アルバムランキングで50.1万枚となり、発売から1年(51週目)かけて50万枚を突破した(週間売上0.2万枚)。今年に入り、「Beginner」(昨年10月発売)、「桜の木になろう」(今年2月発売)の2作がミリオンセラーを達成したAKB48だが、アルバムの実売50万枚突破は、2006年2月のデビューから6年目で初となった。

akb48
女性グループによるアルバムの累積売上50万枚突破は、2006年1/23付でデスティニーズ・チャイルドのベストアルバム『ナンバーワンズ』(累積59.2万枚)が記録して以来、5年2ヶ月ぶり。邦楽女性グループとしては、2002年5/20付でモーニング娘。『4th「いきまっしょい!」』(累積51.5万枚)が記録して以来、8年10ヶ月ぶりの記録となった。
 本作『神曲たち』は、AKB48の2008~2010年までのヒット曲を網羅した通算2作目のベストアルバム。週間シングルランキング首位を獲得した「RIVER」「桜の栞」に、「大声ダイヤモンド」「10年桜」「涙サプライズ!」「言い訳Maybe」を加えたシングル曲6曲を含む全16曲を収録している。

 AKB48は今週、シングルでも最新作「桜の木になろう」(9位→4位)をはじめ、「ヘビーローテーション」(32位→21位)、「ポニーテールとシュシュ」(55位→36位)、「Beginner」(58位→42位)など、過去の作品も軒並み順位・売上枚数ともに伸ばし、派生ユニットや板野友美のソロ作も合わせたAKB48関連作品が、TOP100内に計12作ランクインした。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://geinouupper.blog96.fc2.com/tb.php/690-7d78768b

|ホーム|


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。