Top|

twitter

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ユニコーン、PUFFYら、芸能事務所「ソニー・ミュージックアーティスツ(SMA)」所属のアーティストが、東日本大震災の被災者支援に立ち上がった。29日にチャリティーオークションを開始。落札価格の全額を義援金として日本赤十字社を通じて寄付する。

ヤフーの「チャリティーオークション」を利用し、私物や衣装などを出品。29日開始の第1弾では、ユニコーンが衣装を提供。15年ぶりに再始動した09年の全国ツアーで着用したつなぎで、奥田民生(45)らメンバー5人全員分を競売にかける。

木村カエラ(26)からはヒット曲「リルラリルハ」(05年)のプロモーションビデオで使用したギター。サインとともに「HOPE」(希望)の文字を書き込んだ。PUFFYは昨年末のカウントダウンイベントで着用したワンピースを出す。

「長期的な支援」を目的としており、1年以上にわたって毎週開催予定。今後は氣志團、CHEMISTRY、西野カナ(22)ら200組以上が参加する。

SMAは自社で保有するコンサートグッズ(Tシャツ、ジャンパー、タオルなど)を避難所などに提供している。同社顧問でフリーアナウンサーの徳光和夫(70)は「復興には隅々に行き渡る支援が必要。最も有用なのが義援金と長期にわたる支援だと考えます」と話している。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://geinouupper.blog96.fc2.com/tb.php/691-5639c490

|ホーム|


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。