Top|

twitter

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小倉優子
いつの時代も"流行の顔"は存在するが、最近はとにかく目を大きくというのが人気。「女性タレントがみんな同じ顔に見える」というのは、あながち気のせいではないという。

日本の女性アイドルから「切れ長の瞳」というタイプがいなくなって、なぜか「つぶらな瞳」が大量発生している。しかもデビューして一定の人気を得た後、突然、パッチリというケースが急増中。例えば「こりん星人」を卒業した小倉優子(27)がそうだ。

ここ数年、明らかに目元の印象が違うが、それにはブログでのこんな激白が。

<優子のコンタクトは茶色のディファインだよ。これも賛否両論(笑)>

男たちには耳慣れない「ディファイン」とは、黒目の部分を大きく見せるコンタクトのこと。ここまでは公表できる範囲だろうが、それ以前に目頭や目尻の切開手術の疑惑もあり、もしそうだとしたら大きくなった眼球に合わせてディファインで黒目も大きくという"二重構造"だ。

それにしてもなぜアイドル界では、あからさまな「お直し」が蔓延するのだろうか。

(以下引用)
「熊田曜子が2年ほど前から顔が激変したのがきっかけ。後輩たちにカリスマ的な人気があり、テレビ出演も多い熊田が堂々と激変できるなら私だってと追随したんです。同じ事務所の夏川純も激変しました」(グラビアカメラマン)

目の大きさは天然ながら、極端なディファイン率を誇ると噂されているのが小泉麻耶である。

最近のアイドルは「ブログで日々の顔を公開」という、ある意味、厄介なノルマがある。特に「どアップ写真」ともなれば、見えなくてもいいものまで見えてしまい、小泉に関しては「黒目がずれた写真」を掲載してしまい、ディファイン疑惑が高まった。

いずれにせよ、過度に目だけを大きくするのは、すぐにバレバレということは肝に銘じておかなければならない。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://geinouupper.blog96.fc2.com/tb.php/718-d5f3cb5c

|ホーム|


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。