twitter

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
性体験の遅い若者が増加し、同性との性的接触は男性よりも女性に多いことが、米国疾病管理予防センター(CDC)国立衛生統計センター(NCHS)が公表した「米国人の性行動と嗜好の変化に関する報告(Americans' evolving sexual behaviors and preferences)」で明らかになった。

2006~2008年の全米家族調査(NSFG)で15~44歳の男女1万3,500人に対する聞き取り調査をまとめた統計データによると、24歳未満の若者の半数以上が膣性交前にオーラルセックスを経験し、バイセクシャル(両性愛)と報告した18歳以上の女性は男性の3倍であった。

研究著者のNCHSのAnjani Chandra氏によると、米国では毎年、5万例のHIV感染症の新規発症とともに、1,900万例の性感染症発症がみられることから、定期的な性行動の調査報告の目的の一つは、公衆衛生学研究者に情報提供することにより、ハイリスクグループに対する予防戦略を開発することにあるとしている。

主な報告内容は、下記の通り。以下は知見の一部:
・他人との性的接触経験がない若者が増加した。前回(2002年)の調査では、15~24歳の若者において、他人との性的接触経験がないと報告した割合は約22%であったが、今回は男性の27%、女性の29%であった。
・15~24歳の白人若年者は同年代の黒人またはヒスパニック系若年者に比べて、膣性交前にオーラルセックスを経験したと報告した割合が高かった(それぞれ57%、39%)。
・同性との性的接触を報告した女性(12.5%)は男性(5.2%)の2倍であり、その数は2002年以来安定していた。
・女性の約3.5%がバイセクシャルであると報告したのに対し、男性では1.1%であった。女性の約1.1%、男性の1.7%がホモセクシャル(同性愛)であると回答した。
・女性の約35%、男性の44%が異性のセックスパートナーとのアナルセックスの経験を報告した。
全国の40才から69才の女性1000人に性に関するアンケートを行ったところ(メディアパーク調べ)、「セックスは好きですか?」という質問に対して、28.5%が「好き」と答え「嫌い」と答えた人は16.6%、となった。

「どちらともいえない」が5割を超えたことに、恋愛、官能など幅広い著作を持ち、"ケータイ小説の女王"と呼ばれる作家・エッセイストの内藤みかさんは「この年代の女性には、セックスに関して大っぴらにいえない風潮がある。

『どちらともいえない』が多いのは、それも一因でしょう。一方で、28.5%も『好き』と答えているのは、だいぶ性的にオープンになってきた、という見方もできるのではないでしょうか」と語る。

また、前出の質問への回答の理由を聞いたところ、こんな答えが返ってきた。「どちらともいえない」では「あってもいいし、なきゃないで我慢できる」(43才・契約、派遣)「気持ちが高まったときしかしたくないけど、主人とは気持ちが高まらない」(42才・専業主婦)「一連の流れを考えるとやる前から面倒になる」(41才・アルバイト、パート)とセックスに無関心?

「嫌い」では「年齢を重ねるごとに興味がなくなってきた」「若いころに比べると興味がなくなった」と年齢を理由に挙げる回答が多い。

一方、「好き」では「愛を確かめる行為。つながっていると幸せを感じる」(49才・専業主婦)「好きな人とメイクラブできる幸せ」(50才・正社員)と精神面を重視した回答が目立つ。

心理学者で駒沢女子大学教授の富田隆さんは「諸外国では、年齢を重ねてもセックスはするという考え方が基本。一方、日本では年齢とともにセックスをしなくなるのは当然と考える人が多い。

夫婦でそう考えている場合、セックスへの関心は薄くなり、減っていきます。また、『好き』と答えたかたで精神面を挙げている人は、パートナーと良好な関係を築いている証拠でしょう」と指摘する。

真相はともあれ、タレントにスキャンダルはつきもの。

そのスキャンダルでも多いのが 不倫とか浮気とかいったもの。

男性には浮気願望のようなものがかなりありそうなんですが、女性、特に人妻はどうなのかと思ってデータなどを探してみました。

1948年にアメリカの「キンゼー研究所」が調べた結果では、当時の若い人妻のうち8%が夫以外の恋人がいて、35歳には20%に達するということを発表しています。

女性誌『コスモポリタン』という雑誌の1980年のリポートによると、34歳までの人妻のうち、半分が夫以外の男性と肉体関係を持ったというんですね。

さらに、ベイカーとべリスという二人の医師が、女性の胎内にどれくらい精子が留まっているかという研究をしているうちに、精子の出所までわかっちゃった。

5日間に少なくとも、半数の女性が特定のパートナー以外と関係があったことが確認されたといいます。

この数字を真に受けるとしたら、アメリカにおいて1948年で20%、1980年で50%の人妻が浮気をしていたということになります。

では日本ではどうかというと……実は日本でも、浮気率を研究調査した学者がいて、東京外大の千田有紀先生が、04年に東京・大阪の男女1000人を調査した結果、夫婦間の浮気率は、28.3%だったそうです。

男女差はあまりなく、少し男性の浮気度が高い程度であるという結果でした。
ちなみにここでいう"浮気"は、精神的な浮気ではなく、実際に"行動に起こした浮気"であるそうな。

また、このような調査に、すべての人が正直に答えたかどうかわかりません。
■「GirlsLoveFestival5」について

このたび被災された地域の皆様には心よりお見舞い申し上げます。
本日会場との打ち合わせ・東北地方太平洋沖地震の影響について確認を行いました。

その結果、総合判断として問題なく開催できると判断いたしましたので、
「GirlsLoveFestival5」は当初のご案内通りに開催します。

カタログ前売・打ち上げ企画等については調整後に再度ご案内します。
 北海道教育委員会は10日、自校の女子生徒と性的な関係を持ったとして、留萌管内の高校の実習助手の男性(27)を懲戒免職処分にした。

 道教委によると、男性は昨年9月~今年1月に約20回、ホテルや自宅で性的関係を持った。

 また、道教委は自校の女子生徒をホテルで抱き寄せるなどした胆振管内の高校の男性教諭(59)を停職3カ月とした。

««前のページ |ホーム| 前のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。